マジック調味料で料理を本格的に

cook

マジック調味料の代表は

まずは、「麺つゆ」です。和食だけでなく、中華の時も使っています。

 

和食の煮物時はこれを入れれば味が決まります。

 

醤油や砂糖、みりんなどで味付けをする煮物がほとんどですが、ちょうどいい塩梅にするにはきっちり計量しないと難しいですが、麺つゆをちょっとプラスすれば味がまとまります。

 

特に、甘口の煮物が好きな人にはちょうどいい感じに仕上がると思います。

 

ラー油とごま油をブレンドすれば中華風の麺のつゆの出来上がりです。

 

あとは、万能の塩でおなじみのクレイジーソルトのガーリックがプラスされたものです。

 

どこでも売っているわけではありませんが、大手のスーパーや輸入食料品店に行くとあります。

 

これがあると、ニンニクをわざわざスライスして炒めなくて済みます。
手にもニンニクの匂いがつかないので気軽に使えます。

 

これとバターがあれば、魚のムニエルが超本格的になります。

 

シイタケやエリンギをこれで炒めるとアヒージョの完成です。

 

チャーハンを作る時に一振りすると、チャーハンの素や味覇(ウェイパー)を入れなくても美味しいチャーハンが作れます。

 

豚肉をこれでソテーするとポークソテーの出来上がりです。

 

生姜焼きに飽きてきたらこれを作ります。

 

男性には間違いなく喜ばれる調味料です。

Comment is closed.